暑熱順化

熱中症予防、「暑熱順化」で暑さに対抗!

 

急な暑さは、暑さに慣れていない身体に大きな負担をかけ、熱中症のリスクを高めます。

 

本来、日に日に季節が進むことで、私たちの身体も自然に暑さになれ、春モードから夏モードへ切り替わります。これを、「暑熱順化(しょねつじゅんか)」と呼びます。暑さを感じてすぐに汗をかけるようになったり、効率的に体温を下げられるよう血流を増やしたりと、暑さに対抗できるよう身体が体温調節の準備を整えます。そしてこの暑熱順化を促進させる方法が、積極的に「汗をかくこと」です。

 

少し早足でウォーキングしたり、軽いジョギングをしたり、自転車をこぐなど、汗が出るような運動を毎日行うと、暑さに少しずつ身体がなれてきます。これを継続することで、急な暑さにも体温の上昇を抑えられるようになり、暑さに負けない身体をつくることができます。1週間から10日くらい続けると、同じ運動をしてもしんどさが減ってきます(身体がなれてきたサインです)。入浴はシャワーですませず、湯船につかり、汗を出すこともおすすめです。なお、運動する際も、入浴する際も、多くの水分が失われますので、必ず水分を補給しながら行ってください。

 

特に梅雨明け頃が熱中症になる事が多いそうです。もう本格的な夏ですので暑さに身体をならしておき、健康に過ごせるようにしましょう。