梅雨

梅雨に入りましたね~~~。



この環境により梅雨に多くなる病気があります。


うつ」「喘息・気管支炎」「神経痛・関節痛」など



「うつ症状」
この時期は気圧低下などで気分も憂鬱になり易くなります。男性よりも女性の方が多
いのも特徴です。
女性が憂うつになり易い大きな原因の一つと考えられているのが女性ホルモンです。
生理・妊娠・閉経などの女性特有のホルモンの崩れが自律神経に働き、憂うつを引き起こすと言われています。



●うつ症状になりやすいタイプ
・何かあると小さな事でも、クヨクヨと悩みやすい
・周りの人が自分をどう見ているか気になりやすい
・自分の悩みを素直に打ち明けられない
・1日の中で1人で過ごす時間が多い
・仕事で失敗すると自分はダメな人間だと思ってしまう
・過去の嫌な体験がいつまでも忘れられない方だ
・仕事は決められた期限までに必ずやり遂げないと気が済まない
・特にこれといった趣味がない


この時期は、太陽が出なく、日光を浴びる時間も少ないです。自然と気分も落ちてし
まいます。なるべく晴れた日は日光を浴びるようにしましょう。

また、ストレスを溜めない生活にも心がけましょう。




 「喘息・気管支炎」
梅雨の時期になると喘息の症状が悪化したり発作が起き易くなる人が増えてきます。
この時期に起きる喘息は「梅雨喘息」とか「菜種喘息」と呼ばれ、『気圧変化』に影
響を受けやすいのが特徴です。梅雨時は天候が不順で高温多湿です。

6~7月の湿度は70%を越える日も多く、アレルギーになるカビ・ダニが発生しやすい環境となります。(夏型過敏性肺炎)
小さなお子様がいるご家庭については、子供の喘息発症率が高いことから湿気対策が
大切です。

●梅雨時の喘息の悪化原因
・高温多湿により発生するカビ・ダニがアレルギーとなる
・北高型と呼ばれる気圧配置図や、梅雨の合間にみられる梅雨前線が南に下がってい
る気圧配置の時に、喘息発作が起きやすいとされています

●梅雨時の対策

・晴れた日に家の両側の窓を開けて風を入れるといった室内の自然換気、除湿(適切な相対湿度40~60%)を充分に心がけて下さい。

 


・室内及びエアコンや除湿器のフィルター等に発生したホコリやカビを、掃除機と逆性石鹸(ぎゃくせいせっけん)を用いた拭き掃除で清潔を保つ。

 


・絨毯を減らし、ソファーなどは皮やビニールのものなら掃除がしやすくダニもあまり増えません。ぬいぐるみはマメに丸洗いするか、ビニール袋やケースなどにいれて飾っておくだけにしましょう。

 

 



「神経痛・リウマチ」
気圧変化やクーラーなどの冷えは神経痛・リウマチの痛みを悪化させる原因になりま
す。
痛みの原因となる血行不良を改善することが改善への近道です。
また関節痛には擦り減った軟骨を補強する栄養成分(グルコサミンとコンドロイチン
)を補給することも大切です。

●痛みの養生法
・日頃から体を動かすように心掛ける
・体をほぐし、関節を硬くしないように心がける
・冷えている時に急に動いたり無理な姿勢をとるのは控える
・お風呂には半身浴でゆっくりつかる
・季節を問わず体を冷やさないことを心掛ける
・血液を汚したり、体を冷やす食事は控える
例)過剰な水分、生もの(野菜、刺身)、スナック菓子、など
・筋肉や骨を丈夫にする栄養を含む食品を毎日摂る
例)魚介類(骨まで)、シイタケ、黒ゴマ、海草、など



その他
「頭痛」
気圧の変化による頭痛が多くなります。予防法としては、やはり軽い運動や、ゆっく
り体を休めることが一番です。


「熱中症」
閉めきった部屋で除湿効果の低いエアコンを使うと、部屋の湿度が一気に高くなり体
が湿った状態になります。その時汗をかいても蒸発しないので、熱中症になる可能性が高くなります。予防法として一番良いのが扇風機です。首振り型の扇風機で空気を攪拌しましょう。


「皮膚病」
湿気が多い時期は、皮膚病の感染も多くなります。子どもの場合プールや水遊びで感
染することが多いようです。また、気づかずにかきむしってしまい、そこから細菌が入り込み悪化するケースもあります。予防法は清潔にする事が第一で、爪を短く切って細菌が入りにくくするようにしましょう。


暖かくなってもすぐ梅雨が来てしまいます。

 

 


梅雨は梅雨でまたしっかりとした体調管理をしないといけません。