「プレ更年期」ご存知ですか?

更年期とは、閉経をはさんだ前後5年間をさしています。
個人差はありますが、日本人の閉経年齢は52歳前後となっているため、だいたい45~55歳頃の時期にあたります。
この時期は卵巣の機能低下によって女性ホルモンの分泌が急激に減少してしまうため、
ほてり、のぼせ、イライラといった症状を訴える方が増え、特に症状が重い場合には「更年期障害」と呼ばれています。

ところが、近年では30~40代半ばの女性でも、女性ホルモンの分泌が乱れている方が急増しています。
これは、ムリなダイエットや睡眠不足、さらに不規則な食生活などで若い内から徐々に卵巣機能が低下しまったことが原因と考えられています。
このような状態になると、動悸やめまい、発汗、落ち込みなど更年期障害に似た症状が見られるようになります。
閉経にはまだ早いのに、症状だけ更年期・・・こんな状態を一部では「プレ更年期」と呼んでいます。


●「プレ更年期」の症状とは?

具体的にはどのような症状となるのでしょうか?思い当たることがないかチェックしてみましょう。

【体の内面】
□すぐに疲れる
□些細な事が気になりイライラが続く
□眠りが浅い、寝つきが悪い
□急に不安な気持ち、劣等感に襲われる
□些細なことで泣いてしまう
□動悸や息切れしやすい
□便秘が以前よりひどくなった

【体の外面】
□肌のハリが悪くなった
□体のふしぶしが痛い
□頭痛やめまいに悩まされている
□体の冷えが以前よりも気になり始めた

 

更年期症状は、女性ホルモンが出なくなることによる症状ですが、更年期に限って起こるものではありません。
これらの症状は自律神経によるものなので、それがホルモンの枯渇によって起こるなば更年期ですが、疲れていたり不規則な生活をして体に負担がかかれば自律神経がおかしくなって症状が出ます。

自律神経にはカラダの各器官の働きを正常にコントロールする役目がありますが、自律神経が乱れることによってホルモンの分泌量が低下したり、
体調が不安定となって更年期のような不快症状となることがあります。
このようなプレ更年期の症状を予防するためにも、ストレスや過労には注意が必要です。


●女性ホルモンのバランスを整えるポイント

血行が悪いと、子宮や卵巣が働きにくくなり、必要な栄養分も届きません。
特に卵巣は温かくしないと活性化しないため、適度に身体を動かし、冷やさないようにする工夫が大切です。
季節の変わり目で環境の変化が目まぐるしくなっていて、体調も崩れやすくなっています。
日々運動をしたりする時間もなかなか取れない忙しさもネックですよね。
仕事帰りや買い物のついでなど、当店の整体で血行を良くし血の巡りを整えませんか?
「プレ更年期」にならないためにも自らのボディをケアする習慣をつけましょう!