無意識に足を組んでしまう事ってありませんか?

日常の中で気が付くと足を組んでいる。なんて方多いと思います。
ちなみに足を組んでしまう理由は〝体の重心の調整の為〟だそうです。
人はお尻にある座骨と脊椎によって座るバランスを取ります。
例えば前かがみの体制で浅めにイスに座ると、脊椎の腰にあたる所は後方に曲がってしまい重心が後の方へ行ってしまいます。
結果、前の方へ重心を移動させるため足を組み、重心の偏りを解消しようとするのです。


これだけだと、

「座ったときのバランスを取ろうとしているだけで特に悪い事ではない。」

ように聞こえますが、
足を組み続ける事によって体には様々な影響が出てきます。


◇デメリット
・姿勢が悪くなる。
・骨盤がゆがむ。
・下半身の血流が悪くなる。


前かがみの体制で浅めにイスに座ると、脊椎の腰にあたる所が後方に曲がってしい重心が後の方へ。
結果、前の方へ重心を移動させるため足を組んで重心の偏りを解消しようとしているのです。
重心に無理のある姿勢を続けていると、脊椎が不自然な形に固定されてしまいます。


骨盤は上半身と下半身のつなぎ目であり、骨盤がゆがむと全身のゆがみにつながります。
そして背骨がゆがむと顔のゆがみにもつながります。
さらに、骨盤のゆがみはさまざまな合併症を引き起こす原因ともなります。
腰痛や生理痛の悪化、椎間板ヘルニアや自律神経失調症などです。


また足を組む事により、片方の足だけに強い力がかかってしまいます。
すると骨が本来の位置からずれてしまったり、筋肉のバランスが悪くなったりします。
そのため、血液やリンパの流れが滞り、新陳代謝が悪くなってしまいます。
また足のむくみが起こりやすくなるため、太る原因になるとも言われています。


脚を組むのをやめるのが一番ですが、これはなかなか難しいという人は定期的に組む脚を左右変えるようにしましょう。
左右を交互に組むことで、左右どちらかに歪んでしまうのを防止することができます。
これはあぐらを組む人にも同じことが言えます。


骨盤はゆがむと自力ではなかなか治せないのが難しいところです。
このようなことを避けるためには、ストレッチなどを用いて体のバランスを常に整えることが大切になってきます。
歪みの原因になる姿勢の悪さも、日常の癖も、自分では気付きにくいものです。


当店の姿勢矯正はストレッチも含まれており、日常での注意点のアドバイスもいたします。
歪みからくるコリや疲れの対策に、ぜひ当店をご活用ください。