風邪対策の食事

まずは、かぜをひかないように予防することが大切です。

かぜをひかない為には、基本は栄養バランスのよい食事を心がけること、適度な運動、 休養が大切です。胃腸も体も疲れ気味だと・・・弱いところに付け込んで、さらに冬は乾燥によりウィルスが侵入しやすくなり、体調を崩し風邪をひく人が増える時期です。風邪の予防に効果的な食品を紹介いたします。普段の食事で積極的に取り入れ、風邪に負けない体づくりをしっかりサポートし、早めの予防、回復で楽しい 冬を過ごしましょう!

 

ポイント1) 栄養のバランスのよい食事

ウィルスに対する抵抗力・免疫力を高めるビタミン、ミネラルを十分にとりバランスのよい食事をとること
●たんぱく質:基礎体力をつけ抵抗力を高める

魚介類・卵・肉類・卵・大豆製品・乳製品など
●ビタミンC:免疫力を高める
イチゴ、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリー、ほうれん草、イモ類など
●ビタミンA:のどや鼻などの粘膜を保護する
ほうれん草、人参、カボチャなどの緑黄色野菜、うなぎ、チーズなど
亜鉛:疲労回復、新陳代謝を活発にする、免疫機能を高める
カキなどの魚介類、赤身の肉類、レバー、豆、ナッツ類、大豆製品など

ポイント2)あったかメニューで体を冷やさない

ウィルスの侵入を防ぐには、外敵と戦う免疫機能を高めること。 身体が温め、血液循環がよくすること。
●身体を温めるメニュー
鍋、雑炊、おじや、うどん、スープ、スープ煮など
●身体を温める食品
ねぎ、にら、にんにく、玉ねぎ、生姜、唐辛子など
※刺激成分や辛味成分には消化を助ける働き、殺菌効果もあり風邪予防に効果的です。
のどが痛む時、胃腸の悪い時には控えましょう。

 

◇風邪を引いてしまったら・・・

「かぜ」は病名ではありません。病原体の感染によって上気道が炎症を起こし、さまざまな症状を総称したものです。「かぜ症候群」とも言われています。主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、全身の不快感、発熱、頭痛、寒気、筋肉痛、食欲不振、せきやたんなどです。

気温がぐっと冷え込むこの季節。鼻をぐずぐずさせたり、だるそうにしている風邪予備軍の人たちをよく見ます。具合の悪いときはどうしても食欲が落ちますが、食事を取ることは、究極の自然療法。食べることで、体の声を拾い、本来の調子に戻したいものです。

「風邪のひき始めには、体を芯から温めることが大切です。そのためには、体を温める食材を組み合わせた料理や、スープや鍋といった汁けのある物を取るのも効果的。食べることで血行がよくなります」

 

◇深刻に風邪を引いてしまったら・・・

深刻に風邪をひいてしまった場合は、とにかく消化のいい食事を心がけてください。風邪をひいている時は「おかゆ」とかいわれがちですが、基本的に、食べられるのなら何を食べてもいいのです。身体は風邪と戦ってるのに、身体に負担をかけては上手にウイルスと戦えなくなるから、あんまり消化に悪いものや刺激の強いものは避けた方がよいです。消化機能が低下しているので、胃腸に負担をかける脂肪も控えてください。食物繊維のとりすぎも必要なビタミン・ミネラルが排出されてしまうので、注意です。

かぜをひいているときはエネルギーを消耗しがちです。食欲がなくても消化しやすいものをしっかり食べて充分なエネルギーを確保することが必要です!からだを温めてくれる食べ物、抵抗力や免疫力を高める良質なたんぱく質やビタミンC、ビタミンB群、粘膜を保護するビタミンAの補給が大切!もちろん水分補給も忘れずに