長時間座っていると寿命が縮む・・?

とある研究結果で恐ろしい報告がありました。


・1日に6時間座る生活を続けていると、たとえ日常的に運動をしていたとしても1日に3時間しか座らない生活の人に比べて15年以内に死ぬ確率が40%増える

・デスクワークが中心の仕事をしている人は立ち仕事が中心の人に比べて心臓病になる確率が2倍になる

・座った瞬間に足の筋肉からの電気信号が止まり、代謝によるカロリー燃焼率が毎分1kcalほどまで下がる

・座ってから2時間が経過すると善玉コレステロールが20%減り、24時間経過した後ではインスリンの効果が24%減って糖尿病のリスクが上昇


怖い内容です。

お仕事の関係上まったく座らないというのは難しいでしょうが、できる範囲の事を少し気を付けて身体をいたわることが重要だと思われます。

・電話の時は、席を立つ
・同僚には電話やメールではなくて、会いに行って用件を伝える
・打ち合わせは立ったまま行う
・違う階のトイレに行く
・ゴミ箱やプリンタなどを一ヶ所にあつめ、そしてそこまで歩くようにする
・エレベータのかわりに、階段を使う

・作業の合間に軽くストレッチ


豊かな生活のための仕事で寿命が縮む。。。

こんな悔しいことはありません。

ご自身での注意と共に、当店でのボディケアでコリをほぐして血行を良くしましょう!

少しの時間でできるストレッチも伝授いたしますので、ぜひご活用ください。


2015年は始まったばかりです。

職場での仕事習慣も新しく作りましょう。

当店の姿勢矯正で疲れにくい身体を手に入れるのも効果的です。

お仕事中の体の使い方などもカウンセリングでお聞きし、お客様に合わせた最適な提案をさせていただきます。

ぜひ一度ご体験ください!