知っておきたい「めまい」のひみつ

 

朝起きた瞬間や、ふと立ち上がった瞬間などに、くらっとめまいを感じた経験を 

された事はありませんか?

実は女性に多いと言われているめまい、起こる原因は一体何なのでしょうか。

 

〈めまいのメカニズムについて〉

 めまいは大きくわけると、自分や周囲がぐるぐる回っているように感じる「回転性めまい」              身体がフワフワした感覚でふらついたりまっすぐ歩けなくなったりする「浮動性めまい」

立ち上がるとくらっとする「立ちくらみのようなめまい」の3パターンがあります。

 

「回転性めまい」は耳(内耳)にある三半規管に障害が発生し、平衡感覚を失って起こることが多いです。突然発症し、吐き気や嘔吐、耳が聞こえづらくなるなどの症状を伴い、放っておくと難聴になる可能性もあります。

耳が詰まったり耳鳴りがひどくなる「メニエール病」も回転性めまいの一種です。

「浮遊性めまい」は脳に異常が生じて起こることが多いです。突然または徐々に発症し、フワフワするような感覚に加え、頭痛や痺れを感じることも。

「立ちくらみのようなめまい」は、血圧の調整がうまくいかずに起こることが多いです。

 立ち上がると目の前が真っ暗になったり、失神したりするケースもあります。

 

女性にみられるめまいは、自律神経の乱れや貧血、低血圧によって起こるものが多いです。

ストレスを感じたり、体内に酸素が十分に行き渡らず臓器や脳が酸欠状態に陥ったりすると、結果的にめまいが引き起こされてしまうのです。

また、季節の変わり目も要注意!!自律神経の調節機能が天候の変化に追いつかず、めまいが現れやすくなると言われています。

危険なめまいは脳出血や脳梗塞など、脳の異常に起こることが多く、上記の様な症状に加えて足元がおぼつかなくなったり、激しい頭痛を伴ったり、手足が痺れるなどの症状が特徴です。

 

〈めまいの予防法〉

 1、しっかりと水分補給をする

  (入浴前やスポーツをする前には、コップ一杯のお水を飲んで血流を良くしましょう!)

 2、規則正しい生活をする 

  (自律神経の乱れを整えるために、特に睡眠は十分にとるようにする)

 3、血行を良くする食生活を心がける

   (貧血予防に青魚、レバーなどの鉄分の豊富な食材、カボチャやうなぎなど、ビタミンE

   が豊富な食材を普段の食事に摂りいれる)

 4、ふくらはぎをマッサージする

  (ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。

   マッサージを行うことで血流の流れを良くしましょう。)

 

  

  朝はバタバタして朝食が摂れない、お風呂はシャワーで済ましてしまう、

  そんな日常を変えてみませんか?

  不規則な生活習慣を改善することが、めまい予防への近道となります。

  「血行をよくすること」を意識した生活を送りましょう!