短冊に健康の願いを込めて。

星が輝く7月7日の七夕の夜、織姫と彦星は待ちに待った再会をします。

2人のように願い事が叶いますようにと、現在では短冊に色々な願い事を書いて笹や竹の葉に飾るようになりました。

真っすぐ育つ生命力にあふれた笹や竹には昔から不思議な力があると言われていて神聖な植物ゆえに神が宿るとも言われていました。

祭りの後、竹や笹を川や海に飾りごと流す風習には穢れを持って行ってもらうという意味が

あるそうです。

 

子どもの頃は私たちも短冊にそれぞれが思い思いの願い事を書き笹に吊るしていたものです。

今となっては、なかなかする機会もなくなりました。

せっかくの1年に1度の大切な行事ですから、ご家族の健康や安全を願うと共に、ご自身の

健康について願ってみてはいかがでしょうか。

ご自身の身体に興味を持つ良いきっかけになるかもしれませんよ・・・

この機会に是非、一度、当店に足をお運び下さい。