良い汗、悪い汗の見分け方

「汗が出る仕組み」

 

 私たちは暑いと汗をかきますが、どうして汗は出るのでしょう?

 それは身体の温度が上がると、このままだと危険だと脳が察知し、身体を冷やすために

 汗腺と呼ばれるところから汗を出すからです。

 健康的な良い汗は、汗腺が毛細血管から塩分やミネラルなどが混じった水分をくみ取って、 

 身体に必要な塩分やミネラルだけを体内に戻し、水分だけが汗腺を通って身体の外へ

 出ます。

 それに対して、悪い汗は塩分やミネラルが身体の中に戻らず、水分と一緒に身体の外へ

 出てしまいます。

【良い汗の特徴】

 ・水のようにサラサラで蒸発しやすい

 ・汗に塩分やミネラルが含まれないので、舐めてもしょっぱい味がしない

 ・雑菌が繁殖しにくいので嫌なにおいがしない

 ・熱中症になりにくい

【悪い汗の特徴】

 ・ベトベトしていて蒸発しにくい

 ・汗に塩分やミネラルが含まれるので舐めるとしょっぱい味がする

 ・雑菌が繁殖しやすいので嫌なにおいがある

 ・熱中症になりやすい

 

「悪い汗をかく原因は?」

 ・運動不足、睡眠不足やストレスによる自律神経の乱れ、食生活の乱れ

  冷房の使い過ぎによる温度調節機能の不調(冷え)などが挙げられます。

 

「悪い汗を良い汗に変える」

 汗腺は機能が衰えるだけでなく休眠しています。

 その眠っている汗腺を目覚めさせる方法があります。

 例えば、ゆっくりと長めに湯船に浸かる、発汗作用がある入浴剤を加えると更に効果が

 アップします。

 この他には、ウォーキングなどで日頃から汗をかく習慣をつけることです。

 汗をかくことで汗腺の機能は発達します。

 汗をかきたくないからといって冷房の効いた部屋にずっと居たり、少しの距離も歩かず

 に車を使ったりすると、悪い汗は改善されるどころか悪くなる一方です。

 

 良い汗をかくためにもクーラーなどを控え、運動と入浴で暑い夏を乗り切りましょう。

 熱中症にはくれぐれも気をつけましょう!!