私たちの身体を守るリンパの働き

私たちのからだ全体には網の目のように張り巡らされているネットワークのようなリンパ管が存在します。そのリンパ管の中を流れているのがリンパ液です。

リンパ液とは、リンパ管に流れ込んだ組織液で無色透明の液体です。

また、白血球の一種であるリンパ球が含まれています。

そして、リンパ管の中継点の役目をするのがリンパ節です。約800箇所もあると言われて

います。

このリンパ液、リンパ管、リンパ節の3つをリンパと言い、リンパ系とも言います。

 

リンパの働きには大きく分けて2つの機能があります。

 

〈免疫機能〉リンパには細菌からからだを守り病気にならないようにする働きがあります。

      リンパ節はリンパ液の中に溜まった老廃物や不必要な細胞、細菌などが全身

      に回って病気にならないように濾過装置(フィルター)の役割を果たしています。

      また、リンパ球は一度かかった病気を記憶し病原菌が再度、侵入しても対抗

      できる抗体により身体を守ってくれています。

      カゼをひいた時にリンパ節が腫れるのは、リンパ節で免疫システムがウィルス

      などと戦って生体防衛をしてくれているからです。

 

〈排泄機能〉栄養と酸素を動脈が全身に運び、燃焼した後の老廃物は静脈が回収し心臓に

      戻ります。動脈に入りきれなかった老廃物は、リンパ管が回収しリンパ液と

      なります。

      つまりリンパは静脈で回収しきれない老廃物を回収するシステムと言えます。

      その先は鎖骨下静脈でリンパ管と合流し、心臓→腎臓→膀胱を経て体外に

      老廃物を排出します。

 

 かぜをひいた時にリンパ節が腫れたりするのは免疫力が低下しているサインです!!

 日頃から運動、ストレッチなどを習慣的に行い、また、疲れたら定期的に筋肉を

 ほぐしたりとこまめにお身体のケアをして老廃物の滞りを解消しましょう。