入浴効果を高めよう

~入浴の三つの効果とは~


お気に入り詳細を見る

1)温熱効果・自律神経調節作用
発汗作用を促し、新陳代謝を活発にしてくれます。
また汗をかくことにより、老廃物を排出してくれます。

2)浮力効果
お湯に浸かることで人の体は浮力を受けて軽くなります。
それにより心身ともに解放され、高いリラックス効果を得ることができます。

3)水圧効果
全身に水圧がかかり、血行促進となります。


 

 

お気に入り詳細を見る

ダイエットに効果のある入浴法


お気に入り詳細を見る

半身浴は体質の改善によってダイエット効果を目指すものですので、短期的な効果を目指すものではなく、長期的に継続することにより高いダイエット効果をもたらす入浴法

お気に入り詳細を見る

半身浴とは、お風呂へ入浴する際に入浴の部位を胸から下までとする入浴方法をいいます。入浴時間は20分から30分程度、温度は人肌よりも少しだけ高く37度から38度程度が効果的です。

お気に入り詳細を見る

粗塩入浴のやり方
300gの粗塩を入れた湯船に10分入浴する。
一旦湯船から上がり、シャワーで汗を流す。
再び10分入浴し、湯上りはシャワーで流す。

お気に入り詳細を見る

3840度までの温めのお湯に荒塩を入れ、ゆっくりと半身浴することでダイエット効果が期待できそうですね。

お気に入り詳細を見る

 

http://img.allabout.co.jp/gm/article/375007/ba1.jpg

お気に入り詳細を見る

美肌効果のある入浴法


お気に入り詳細を見る

体を洗う時の注意点はとにかく優しく洗うことです。ナイロンタオルなどの繊維の固いもので毎日強い力でゴシゴシと洗うと、摩擦により肌を傷め、メラニン色素が真皮まで入り込み沈着してしまう黒皮症が起きるという症例が報告

お気に入り詳細を見る

湯船に長く浸かっていると、お肌が潤った気分になるかもしれませんが、皮膚の潤い成分であるセラミドなどがお湯の中に溶けだし、かえって乾燥を招くことにもなりかねません

お気に入り詳細を見る

本当にお肌に良い入浴方法は、実は全身浴で1015分程度つかれば十分なのです。何時間も半身浴するぐらいなら、その分早く寝た方がお肌にとってはいいこと

お気に入り詳細を見る

42度のお風呂にゆっくり浸かっていると、肌の潤いである「セラミド」が流れ出してカサカサ肌に!さらに心臓に負担がかかり、グッタリ疲れてしまいます。42度の高温浴は、5分が限度

お気に入り詳細を見る

肌のうるおいを守るためには「熱いお湯」「なが湯」は禁物。ぬるめの39度のお湯で、10分から長くても20分を目安に入りましょう

お気に入り詳細を見る

熱いお湯に長く浸かったり、体をゴシゴシと強い力で洗うのは肌にあまりよくなさそうです。

お気に入り詳細を見る

 

http://yamagata-gh.org/img/bath.jpg

 

 

お気に入り詳細を見る

疲労回復に効果のある入浴法


お気に入り詳細を見る

人間は124時間に活動期と休息期のリズムをもっているのですが、入浴することで休息期に入るリズムを作ることが可能です。精神的にもリラックスし、睡眠にうまく導入できれば、目覚めも快適でリフレッシュ感が高まります

お気に入り詳細を見る

湯船につかって身体が芯から温まると、全身の血めぐりがよくなります。すると、体温を調節しようとして発汗が促されて、疲れもすっきり!

お気に入り詳細を見る

熱すぎる湯に入るのは厳禁です。熱い湯は体を刺激して興奮状態にしてしまうため、リラックスとはほど遠い状況になってしまいます。このような状態で床についても、目が冴え渡って、なかなか深い眠りに入れなくなってしまいます。入浴する時は、就寝の数時間前に、あまり熱すぎない湯に、ゆっくり時間をかけてつかることが大事

お気に入り詳細を見る

就寝前に温めのお湯にゆっくりと浸かることでリラックス効果が期待できそうです。