関西の夏至と食べ物  本日は夏至

それでは関西地方の夏至の日の食べ物の紹介です!
関西地方の中でも京都は夏至の日には

水無月」という和菓子を食べる風習があります。

 

夏至の日が近い6月30日は罪や穢れを除き去るために祓えの行事

「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。
1年の丁度折り返しにあたる日なので、この半年の罪や穢れを祓い残り半年の無病息災を願ったようです。

平安時代には、宮中では陰暦の6月1日(現在の6月30日辺り)に、

貯蔵していた氷を取り寄せて臣下にも配る儀式「氷室の節句」が行われていました。

これを口にすると夏の流行病にもかからないと言われて、

当時は氷は庶民の口には入らなかったのですが、

 

その習慣はやがて氷を象った三角形の水無月というお菓子になって広まったのです。

小豆が入っているのは悪魔を祓う食べ物とされていたからなのです。


この和菓子もスーパーや和菓子店、通販等で買うことができるので、

ぜひ食べてみてくださいね!