ジメジメ梅雨時は体のカビにもご注意を!

ジメジメしてカビるのはモノだけではない!

カビと聞くと食べ物についたり、風通しの悪い場所で増えるイメージが
ありますが、人体でも繁殖することを知っていますか?

よく知られているのは水虫です。
水虫は白癬菌というカビが皮膚にとりついて、赤みやかゆみを
引き起こします。

カビは知らぬ間に体内に取り込まれて病気を引き起こして
しまうことがあります。

一口にカビといってもその種類は約30万種類。

空気中に浮遊していて、毎日1万個以上を吸い込んでいると
いわれています。

カビの中には人体には無益であったり有益な働きをしているものも
ありますし、皮膚の上には常在菌が存在し、多少のカビの影響は
受けないようにバリアが出来ています。

しかし皮膚のバリアが破壊されていたり、全身の免疫力が低下していると
カビが皮膚や内臓にすみついてしまう状態、極端にいうと
体がカビるリスクが高まってしまうのです。

ジメジメ梅雨時を元気に過ごすためには、肌に触れるものを清潔に保つこと、
免疫力を保つこと、そして、体を温めて代謝を整えることが大切ですね。

当店ではさまざまなトラブルに合わせたメニューがあります。
不調のご相談に応じて施術させて頂きますので、梅雨に入り
体調の悪くなる方はご相談下さい。