~冬を元気に乗り切る為に~Ⅱ

  深い眠りで、自律神経を整える方法

 

 

 早寝早起き。体内時計を整えよう!

 

 

 

・寝る前に心地よい温度のお風呂に。眠りに入りやすくなります。

 

 (シャワーはNG!交感神経を高めてしまいます)

 

・寝る前にすこしのお酒を飲みましょう。(飲み過ぎは逆効果)

 

・少しずつ寝る時間を早めましょう。毎日5分づつでもOK。

 

・起きる時間も少しずつ早くしましょう。早寝の習慣を助けます。

 

・蛍光灯の明かりではなく、間接照明で気分もゆったりと。

 

・テレビ・パソコン・ゲームは交感神経に作用してしまいます。好きな音楽や

 

・アロマをたいてリラックスしましょう。

 

 

 

 運動で、自律神経を整える方法

 

運動している瞬間は交感神経がはたらきますが、運動することで自律神経のはたらき自体が高まります。

 

普段動かさない筋肉や使っていない筋肉を使うと筋肉がほぐれて血行がよくなりますので、栄養や酸素が行きわたりやすくなりますし、疲労物質や老廃物も排出されやすくなります。

 

また体の深部の筋肉もきたえられるので、呼吸器系や循環器系など内臓のはたらきも活発になって、副交感神経がはたらきやすくなります。さらに運動で汗をかくことが増えると「体温調整」という自律神経のはたらきも高まります。

 

自律神経を整えるためにおすすめの運動は、ウォーキング、ジョギング、サイクリング水泳など。

 

勝ち負けをあらそう運動はストレスとなってしまうのでおすすめできません。

 

自分のペースでできる運動が効果的。

 

最初からがんばり過ぎると結局続かないことになってしまいがちですね。

 

“気持ちがいいなぁ”と感じるくらいの運動の方が長続きしやすいので

 

効果的ではないでしょうか。

 

 

 

  マッサージで、自律神経を整える方法

 

どなたにも経験があると思いますが・・・  

 

説明: マッサージで自律神経を整える

 

「眠くなる」のは「しっかりと副交感神経に切りかわった証拠」です。

 

不調や疲労をかかえている人の共通点は、体がガチガチに固くなっているために、体を回復する役割である「副交感神経」が十分にはたらけていないこと。

 

固い筋肉をほぐせば、しっかりと副交感神経に切りかわって不調や疲労の回復がぐんぐん促進されます。なので、整体もマッサージも“筋肉をほぐすこと”から始めるのです。

 

如何でしたでしょうか?

 

食べ物や運動など生活の中で副交感神経をはたらかせる方法もありますが

 

全身の筋肉をほぐすことも効果が上がりますのでお勧め致します。