一日の始まりは「眠り」から

 “寝る間を惜しむ”はもうやめよう!

 

ぐっすり眠りたい。でも毎日忙しくてなかなか・・・・・。

 

きっと多くの人が、今の睡眠時間が十分でないと感じていると思います。

睡眠時間を確保できない理由としては、仕事・育児・家事・・・。

男性も女性も”寝る間を惜しんで”頑張りすぎているようです。

睡眠はとても大切なものですが、仕事や育児、家事を人任せにして

睡眠時間を増やす、というのは現実的ではありません。

 

理想の睡眠時間は7~8時間のようにいわれますが、実は明確な医学的根拠は

ないとのこと。6~9時間という平均値をもとに、そういわれているだけだとか。

 

理想とされている7~8時間の睡眠をとれていなくても

深刻に考える必要はないのだそうです。

 

生活に支障が出る場合は別として、時間を思うようにとれなくても

その分”良い睡眠”をとれるように心掛けましょう。

 

食事や運動と同様に睡眠を大切に

 

眠りは大事だとは思いながらも、睡眠に対する努力や工夫は後回しに

なっていませんか?

より良い睡眠にしよう!と努力している人は少ないようです。

 

今やっていることが終わったら寝る、という状態をまずは変えて

みる、食事や運動と同じように大切に考えることで、いい睡眠が

得られるようになります。

 

食事や運動は、努力した分だけ満足感も達成感も得られます。

それと同じように睡眠の位置づけを変えれば、身体にも心にも

たくさんの幸せが得られるということです。

 

眠りを一日の終りととらえずに、いきいきと活動するための充電。

目覚めではなく、眠りから一日が始まる。

そんな風に考えてみませんか?

それだけで睡眠の位置づけが少し変わるかもしれません。

 

”寝るのがもったいない”、”寝る間を惜しむ”はもうやめて

眠ることに対して、もっと欲張りになりましょう。

 

忙しい毎日。

やらなければならないことはたくさん。

だからこそ、今までの眠りを変えてみましょう。

きっと毎日がもっと輝きます!

 

当店のリラクゼーションメニューは眠りをより良いものに

誘います。

是非皆様のお越しをお待ちしております!(^^)!