実はカビはかくれんぼが大好き!?

最近はほとんどの人が何かしらのアレルギ

ーを持っています。

 

アレルギーの原因はカビが関係しています。

なかには重症のアレルギーを引き起こすも

のもあります。カビはどんなところに生え

るのでしょう。

皆さんがよく目にするのは浴室などの

水回りですね。

でもカビはジメジメした湿度の高い場

所だけではなくリビングや寝室にもカ

ビは住んでいます。

 

屋内のカビは水回りのカビとホコリの

カビがあります。

性質は全く違うものです。

 

水回りのカビは湿気を好み湿度90%

ぐらいの環境にいます。

それに対し比較的湿度が無くても生き

ていけるのがほこりに潜むカビです。

ほこりと一緒に空気中を漂っています。

水回りのカビが原因でゼンソク副鼻腔

炎などアレルギーや夏型過敏性肺炎を

ひきおこします。

カビ対策はしっかりしておきたいですね。

 

壁や天井をこまめに拭いてホコリを払

って軽く水拭きしましょう。家電の周り

にもホコリは付着しやすいのでこまめに

動かしてホコリを取り除きましょう。

 

布団のダニはカビの原因です。布団乾燥

機にかけた後掃除機でまんべんなく吸い

取りましょう。

 

浴室は石鹸カスや皮脂などを除去しま

しょう。

入浴後に浴室の壁や天井をできるだけ

熱いお湯で流して下さい。

(ヤケドに注意してください。)

その後冷水で流し拭き取ると湿度と温

度の環境も整います。

 

エアコン内のホコリも除去しておきま

しょう。

部屋の湿度を下げましょう。

寝室も湿度を下げておくと良いのです

が、睡眠中に乾燥すると喉を傷めたり

風邪をひいたりする原因になるので、

空気を循環させて湿気を溜めない様に

天井に向けて扇風機を回しておくと良

いでしょう。

 

家具などの配置も気を付けて、扇風機

やエアコンの風が壁と家具の隙間に流

れ込むように配置しましょう。

押し入れやクローゼットも詰め込み過ぎ

ないように気をつけましょう。

 

カビ対策で快適な日々を過ごしたいで

すね。

 

体の対策もお忘れないように。

 

当店では様々なトラブルに合わせたメニュ

ーがあります。不調の内容に応じて施術さ

せていただきますのでご相談下さい。

 

~整体・ボディケア・フットケア~

ボディケアショップボストンプラザ草津店