暑い時こそお風呂に浸かろう!

お湯に浸かると温熱作用により疲れがと

れやすくなります!

 

お湯に浸かると体は温まります。これが

温熱作用です。温熱作用の効果は皮膚の

毛細血管や皮下の血管が広がり、血行が

良くなり、それにより体内の老廃物や疲

労物質の除去によりコリがほぐれ疲れが

とれます。

内臓の働きを助け、自律神経をコントロー

ルする作用もあり、腎臓の働きもよくなり

利尿作用が働きます。

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経をあ

わせた総称で、交感神経が優位に働くと活

動的な状態になり、副交感神経が働くとリ

ラックスした状態になります。このバラン

スがくずれると自律神経が乱れ、免疫力が

低下してしまいます。

お風呂につかることにより副交感神経を優

位にすることでリラックスし、免疫力はア

ップします。

 

リラックスし免疫力をあげる為にも当店の

ボディケア・フットケアをお勧めします。

 

当店では様々なトラブルに合わせたメニュ

ーがあります。不調の内容に応じて施術さ

せて頂きますのでご相談下さい。

 

~整体・ボディケア・フットケア~

ボディケアショップボストンプラザ草津店